交通事故は弁護士を呼んで解決してもらおう

交通事故にあった際には弁護士が必要なの?

交通事故にあった際には弁護士が必要なの?

交通事故にあった際には弁護士を呼ぶようにと言われていますが、一体事故の後ではどうしてそのようなことをする必要があるのでしょうか。
そこで、今回は事故にあった時の対処法を中心に連絡をするメリットをご説明。


○交通事故で当事者同士の示談はNG

交通事故のあとには動揺してしまいどうしたらいいか分からなくなることもありますが、そのときに絶対してはいけないので当事者同士で示談を進めるということです。
なぜならば、当事者同士では結局口約束に近いようなものなので、その後に当初の取り決めとは違うことを言ってくる可能性もあるからです。
そのため、交通事故に遭った際にはまず警察に通報することを再優先とし、その後にはきちんと処理が出来る第三者に連絡することが重要となっています。


○交通事故に強い弁護士はすぐに対応してくれます

これまで依頼したことがないという方にとっていきなり連絡するのは難しいかもしれませんが、交通事故に強い弁護士であればすぐに駆けつけてくれるのでご安心ください。
また、保険会社を呼んだから大丈夫だと安心しきっている人も注意しなくてはいけません。
保険会社も出来ることなら保証金を支払いたくないとは考えているので、もしかすると今度はそちらの方とも交渉が必要になってくる場合があるのです。
そのため、交通事故の後には一人呼んだから安心するということではなく、万全の体制を整えるために知りうる限りの手を尽くすことが重要となるでしょう。

なにより交通事故に合わないように気をつけるといったことが一番重要になることなので、車の運転や横断歩行時はしっかりと交通ルールを守って用心するようにしましょう。

tuadmin 2015年9月17日 Leave A Comment Permalink

交通事故でむしろ強くなる心身

人の性格というのはなかなか変えられないものです。生まれ持った精神はずっと付き合っていくべきもので、たった数年やそこらで変化を期待できるものではありません。よほどの大きい事件が起こっても、その後戻ってくる普段の日常。これに飲み込まれる人も少なくありません。
性格は、気を抜いて生活していればどんどん一緒に長年住んでいた親に似てくるものですし、本当に自分を変えたいと思っているのなら長年をしっかり気付きの連続を積み重ねる必要があります。
交通事故を一つのきっかけにすることだって、できるはずです。


○交通事故を経てさらに強くなる自分

交通事故そのものだけでも大きなショックです。でもそこにさらに経験を積み重ねていくことで、精神的にさらに成長することができるはずです。
本来なら話すこともなかっただろう弁護士、医者などの出会いを経て、そこで得られるいろんな経験。もしかしたら裁判沙汰になることもありえます。これだけの事象が自身に降りかかれば、きっと精神的に成長できるはず。これからは一皮むけた自分として生まれ変わることができるでしょう。
死のギリギリまで直面したなら、もう多少のことには動じない強い心が手に入るはずです。


○生きていることに感謝する

我々は普通に生活しているだけでかなりの確率だという事を理解しましょう。
気付かないうちに見えない危機をたくさん切り抜けているということ。これを理解しておきましょう。
ただここに生きているということ。これを感謝しておくことです。

tuadmin 2015年7月29日 Leave A Comment Permalink

被害に遭ってしまったら、交通事故に強い弁護士を探そう

交通事故に遭い、後遺症が残ってしまった。
保険金の額に納得ができないので、高額請求をしたい。
そのようなときに相談して欲しいのが、法のプロである弁護士です。
相談することによって、その悩みが解決できるかもしれませんよ。


弁護士に相談するべきタイミングはここ

相談するのにベストなのは、交通事故が起こり、被害者の治療が始まったときです。
ここで行っておくと後々の示談で優位に話を進めることができます。
しかしここでできなかったという場合でも、たとえば保険会社が提示した慰謝料に納得がいかなかったり、後遺障害の認定を受けて金額を受け取りたいというときには相談をした方がいいでしょう。
この際は、交通事故の問題がまだ解決していないうちに行ってしまいましょう。
あまり遅すぎてしまうと、慰謝料が請求できなくなってしまいます。


慰謝料を得るために、交通事故に強い弁護士を選ぼう

ではどのような弁護士に相談したらいいのでしょうか?
法律を扱っている人は多くいますが、その中でも交通事故に強い人物を選びましょう。
あまり知られていないかもしれませんが、世の中には事故の問題を専門的に扱っている弁護人がたくさんいるのです。
その中でも実績の高い人を選んだ方がより高額な慰謝料を獲得できるので、できるだけ早めにネットの口コミなどで交通事故に強い弁護人を探しておきましょう。

tuadmin 2015年5月28日 Leave A Comment Permalink

どんな交通事故でも弁護士に相談していいのか?

交通事故が起こったが、被害は少なく、特に後遺症が残ったりはしなかった。
事故が起こったら弁護士に相談した方がいいという話も頻繁に聞きますが、すべての事故が重大だというわけではありません。
こんなときでも、法にプロに相談したほうがいいのでしょうか?


数万円程度の物損事故などは弁護士を呼ばなくてもいい

被害が小さい場合は、無理に相談をする必要はありません。
被害額が数万円程度で収まる場合は、保険や加害者との話し合いなどで解決しましょう。
ここで弁護人を呼んでしまうと逆に着手金や報酬金といった費用がかかってしまうので損をすることになります。
しかし、額が数百万にまで及んでしまい、保険金だけでは補償できないとなったら相談してみるといいかもしれません。
ケースバイケースですので、交通事故の被害の大きさをあらかじめきちんと把握しておきましょう。


交通事故によって死亡・後遺症が残ってしまった場合は弁護士へ

人身事故の場合は、物損事故と違って多額の慰謝料が発生することがあります。
特に交通事故によって相手が死亡した場合・後遺症が残ってしまった場合は、数千万円から数億円単位のお金が動きます。
このような重大な場合は、弁護士を雇い納得のいく額を確実に獲得できるようにしましょう。
腕のいい人をパートナーにすれば、数倍の金額を受け取れることもあるそうですよ。

tuadmin 2015年5月28日 Leave A Comment Permalink

弁護士に交通事故の処理を頼むとどのくらいかかる?

交通事故が起こると、慰謝料や賠償金が発生する可能性が出てきます。
その請求の際に頼りにしたいのが、弁護士などの法律に詳しい人です。
相談するかしないかで被害者側が受け取れるお金の額がかなり大きく変わってきますが、一方で弁護人が事故の問題に着手した瞬間から費用がかかり始めるのも事実です。
では、どのくらいのお金がかかるのでしょうか?


着手金と報酬金の2つを払わなければならない

着手金はだいたい20万円程度だと言われています。
このお金は、弁護士と契約する際に支払われるものです。
その契約によって弁護人は動き出し、交通事故を民事事件として解決し始めるのです。
また、無事に賠償金や慰謝料を手に入れられたら、今度は報酬金を支払う必要が出てきます。
それは賠償金や慰謝料の10%程度の金額です。
万が一交通事故が起こってしまった際のために、あらかじめ知っておいてください。


お金がかかっても交通事故は弁護士と解決しよう

この話を聞いて、けっこうお金がかかってしまうな…と思った人もいるでしょう。
しかし被害者が泣き寝入りをしないためには、このくらいの費用は安い方だと思います。
支払われるべきお金を確実に受け取るために、法のプロと一緒になって交通事故の問題を解決しましょう。

tuadmin 2015年5月28日 Leave A Comment Permalink

交通事故は弁護士にも相談を

交通事故が起こったら、真っ先に警察と救急車を呼び、人命救助に努めるのが常識です。
しかし、現代だとそれだけで事故の解決にはいたらないのです。
というのも、被害者の救護に専念すると同時に、弁護士にも声をかけておくべきだからです。
その理由を説明します。


弁護士によって交通事故の被害者側が守られる

たとえ軽い交通事故であっても、被害者はこの先に残る傷や後遺症を負っているかもしれません。
そうなっていた場合、法的な処置をすぐにとらないと、証拠が消えてしまうことになりかねません。
事故処理をしていく中でもし治療が必要だとわかったら、迷わず法のプロを呼びましょう。
事務所に相談し、保険が下りるかどうかを確認してもらってください。
呼ばないままだと高額な治療費を払うことになってしまうかもれないので注意が必要です。


示談交渉のときに優位に話を進めるために

怪我の治療が終わると、慰謝料の請求や損害賠償などを行う示談交渉が始まります。
これは弁護士と保険会社のやりとりであり、交渉次第では賠償金が倍に増加することもあります。
また、ここで後遺障害認定を受けると等級に応じた賠償金が受け取れます。
交通事故は起こらないのがベストですが、万が一起こってしまったときのために、この種の件に強い法律のプロを探しておくといいでしょう。
そしてどんなに軽い怪我であっても賠償金を獲得できる可能性があるので、見過ごさずに相談するということを忘れないようにしてください。

tuadmin 2015年5月27日 Leave A Comment Permalink