交通事故が起こった際の弁護士費用はいくら?

弁護士に交通事故の処理を頼むとどのくらいかかる?

2015年5月28日 | 弁護士に交通事故の処理を頼むとどのくらいかかる? はコメントを受け付けていません。

交通事故が起こると、慰謝料や賠償金が発生する可能性が出てきます。
その請求の際に頼りにしたいのが、弁護士などの法律に詳しい人です。
相談するかしないかで被害者側が受け取れるお金の額がかなり大きく変わってきますが、一方で弁護人が事故の問題に着手した瞬間から費用がかかり始めるのも事実です。
では、どのくらいのお金がかかるのでしょうか?


着手金と報酬金の2つを払わなければならない

着手金はだいたい20万円程度だと言われています。
このお金は、弁護士と契約する際に支払われるものです。
その契約によって弁護人は動き出し、交通事故を民事事件として解決し始めるのです。
また、無事に賠償金や慰謝料を手に入れられたら、今度は報酬金を支払う必要が出てきます。
それは賠償金や慰謝料の10%程度の金額です。
万が一交通事故が起こってしまった際のために、あらかじめ知っておいてください。


お金がかかっても交通事故は弁護士と解決しよう

この話を聞いて、けっこうお金がかかってしまうな…と思った人もいるでしょう。
しかし被害者が泣き寝入りをしないためには、このくらいの費用は安い方だと思います。
支払われるべきお金を確実に受け取るために、法のプロと一緒になって交通事故の問題を解決しましょう。